2017年 11月

  1. タイポグラフィ7つのルール その❼ 「ひらく」ことは読者の目と心への思いやり

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❼ 「ひらく」ことは読者の目と心への思いやり

    ▼1回完結(通算第24回)前回までは、タイポグラフィに関する直接的なテクニックや、アプリケーションの使用法・知識などについてお話ししてきました。一通…

  2. タイポグラフィ7つのルール その❻-6 書体には「性格」や「表情」、そして「適性」がある

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-6 書体には「性格」や「表情」、そして「適性」がある

    ▼第6回(通算第23回)前回は、縦組みの際に発生するさまざまなことについて触れてきました。日本人にとって縦組み文章は切っても切り離せないものです。も…

  3. タイポグラフィ7つのルール その❻-5 和文組版美しさの原点・縦組みで起きるさまざまなこと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-5 和文組版美しさの原点・縦組みで起きるさまざまなこと

    ▼第5回(通算第22回)前回は、エディトリアルとグラフィックの違いや、英文混在文章・英文単独文章の組版上の問題点などをお話ししてきました。今回は…

  4. タイポグラフィ7つのルール その❻-4 和文・英文が混在することで起きるさまざまな厄介なこと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-4 和文・英文が混在することで起きるさまざまな厄介なこと

    ▼第4回(通算第21回)前回は、組版上のルールについてお話ししてきました。和文は厳格な組版ルールがありますが、そのルールがもたらす矛盾点は多くのデザ…

おすすめ記事

  1. 書体の表情 6:ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明朝
  2. 書体の表情 5:どのウェイトのどの文字種もほぼ完璧=游ゴシック体
  3. 書体の表情 4:おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-E
  4. 書体の表情 3:正統派なのにどこか素朴であたたかい=セザンヌ
  5. 書体の表情 2 この書体を見ない日はまずあり得ない=リュウミン

最近の記事

  1. 書体の表情 6 ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明…
  2. 書体の表情 5 どのウェイトのどの文字種もほぼ完璧=游ゴシッ…
  3. 書体の表情 4 おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-…
  4. 書体の表情 3 正統派なのに、どこか素朴であたたかい=セザン…
  5. 書体の表情 2 この書体を見ない日は、まずあり得ない=リュウ…

アーカイブ

  1. 書体の表情 6:ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明朝

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 6 ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明朝
  2. デザインが100%うまくなるタイポグラフィ7つのルール:はじめに

    TYPOGRAPHY RULES

    デザインが100%うまくなるタイポグラフィ7つのルール Prologue
  3. 無いものねだり

    MOJI ESSAY

    無いものねだり
  4. タイポグラフィ7つのルール その❻ 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-1 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと
  5. タイポグラフィ7つのルール その❶ 美しさの基本は「そろえる」にある

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❶ 美しさの基本は「そろえる」にある
PAGE TOP