過去の記事一覧

  1. タイポグラフィ7つのルール その❻-4 和文・英文が混在することで起きるさまざまな厄介なこと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-4 和文・英文が混在することで起きるさまざまな厄介なこと

    ▼第4回(通算第21回)前回は、組版上のルールについてお話ししてきました。和文は厳格な組版ルールがありますが、そのルールがもたらす矛盾点は多くのデザ…

  2. タイポグラフィ7つのルール その❻-3 文字組みを見やすくする[行頭・行末・分離禁則]、しかし…

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-3 文字組みを見やすくする[行頭・行末・分離禁則]、しかし…

    ▼第3回(通算第20回)前回は、美しい紙面を作るための代表的な8つの文字組み推奨事項を、詳細にお話ししました。かなり長い説明になってしまいましたが、…

  3. タイポグラフィ7つのルール その❻-2 取りあえずこれだけ知っておこう、組版上の推奨事項

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-2 取りあえずこれだけ知っておこう、組版上の推奨事項

    ▼第2回(通算第19回)前回は、[テキストオブジェクト]についてお話ししました。“6.1 テキストオブジェクトを使う” の冒頭でも触れましたが、この…

  4. タイポグラフィ7つのルール その❻ 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-1 細心の注意を払うべき大切な「くむ」こと

    ▼第1回(通算第18回)前章 “タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない” では、タイポグラフィ、いやデザイン全…

  5. タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない

    ▼第1回(通算第16回)前章 “タイポグラフィ7つのルール その❹ 強調・複合などを盛り込む「たす」要素” では、 デザイン上の欠かせない法則「メリ…

  6. タイポグラフィ7つのルール その❹ たす 強調・複合などを盛り込む「たす」要素

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❹ 強調・複合などを盛り込む「たす」要素

    ▼第1回(通算第12回)前章 “タイポグラフィ7つのルール その❸ 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと” では、デザインをする上で、「心地よさ…

  7. タイポグラフィ7つのルール その❸ あける 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❸ 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと

    ▼第1回(通算第9回)この章での「あける」は、主に「行間」と、文字で構成された「ブロック(要素)同士の間隔」の説明に費やしましょう。私は、後輩を…

  8. タイポグラフィ7つのルール その❷ 和文の美しさのカギは「つめる」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❷ 和文の美しさのカギは「つめる」こと

    ▼第1回(通算第5回)この章では、主に和文の詰め処理について、お話しを進めていきます。グラフィックデザインをしていく上で、文字の入っていない…

  9. タイポグラフィ7つのルール その❶ 美しさの基本は「そろえる」にある

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❶ 美しさの基本は「そろえる」にある

    ▼第1回デザインの基本は「そろえる」ことにあります。出発点といって良いかも知れません。「そろえる」ことにはさまざまな要素があります。ここでは、まず「…

  10. デザインが100%うまくなるタイポグラフィ7つのルール:はじめに

    TYPOGRAPHY RULES

    デザインが100%うまくなるタイポグラフィ7つのルール Prologue

    はじめにタイポグラフィ文字表現のデザイン処理のことをいいます。情報伝達に適合した、スペース、書体、大きさ、字間、字数、行間、行数などの選定だけではな…

NEWS

2018.5.15記事を更新しました

書体の表情 6 ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明朝
前回は、字游工房の「游ゴシック体」を紹介しました。いまや、この書体も見ない日はなくなったように思います。本当に美しい書体です。今回は、これも美しい、名実ともに伝統的な書体、モリサワの「A1明朝」をクローズアップしていきます。

2018.5.11記事を更新しました

書体の表情 5 どのウェイトのどの文字種もほぼ完璧=游ゴシック体
前回は、フォントワークスの「筑紫B見出ミン-E」を紹介しました。いわずと知れた巨匠・藤田重信氏の作品です。今回は、もう一人の巨匠・鳥海 修氏擁する「字游工房」の書体、「游ゴシック体」をお送りします。

2018.5.1記事を更新しました

書体の表情 4 おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-E
前回は、フォントワークスの「セザンヌ」を紹介しました。思いがけず多くのアクセスをいただきました。それだけ潜在的なファンが多い書体ということなんでしょうか。
今回は同じフォントワークスの鬼才・藤田重信氏デザインの明朝体「筑紫B見出ミン-E」を取り上げます。

おすすめ記事

  1. 書体の表情 6:ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明朝
  2. 書体の表情 5:どのウェイトのどの文字種もほぼ完璧=游ゴシック体
  3. 書体の表情 4:おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-E
  4. 書体の表情 3:正統派なのにどこか素朴であたたかい=セザンヌ
  5. 書体の表情 2 この書体を見ない日はまずあり得ない=リュウミン

最近の記事

  1. 書体の表情 6 ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明…
  2. 書体の表情 5 どのウェイトのどの文字種もほぼ完璧=游ゴシッ…
  3. 書体の表情 4 おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-…
  4. 書体の表情 3 正統派なのに、どこか素朴であたたかい=セザン…
  5. 書体の表情 2 この書体を見ない日は、まずあり得ない=リュウ…

アーカイブ

  1. 文字で音楽を表現する?

    MOJI ESSAY

    文字で音楽を表現する?
  2. タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない
  3. 書体の表情 1:この書体を使えば失敗はほとんどない=ゴシックMB101

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 1 この書体を使えば失敗はほとんどない=ゴシックMB101
  4. 無いものねだり

    MOJI ESSAY

    無いものねだり
  5. 書体の表情 3:正統派なのにどこか素朴であたたかい=セザンヌ

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 3 正統派なのに、どこか素朴であたたかい=セザンヌ
PAGE TOP