MOJI ESSAY

  1. 文字で音楽を表現する?

    文字で音楽を表現する?

    あぁ、絶対音感がない…「和音」……きれいな響きのある音楽用語である。10代の半ば、私はクラシックの流麗で勇壮な和音に魅せられ、作曲家を志した。本…

  2. もうひとつのかな文字

    もうひとつのかな文字

    歴史の舵取りをした漢字の伝来漢字が我が国に伝来したのは、紀元300年ころのことだという。ときは弥生時代、第15代応神天皇の在位中に百済(現在の朝…

  3. 浮世離れした文字!

    浮世離れした文字!

    修行僧のような制作過程文字作りには大変な労力と忍耐が必要である。書体のコンセプトが決まると、後はひたすら一文字また一文字と作り上げる作業が延々と…

  4. 無いものねだり

    無いものねだり

    活版が主流の時代に就職もう、半世紀も前のことである。(2017年現在)私は、家が貧しかったこともあり(本当は勉強が大嫌いだった)中学を卒業すると…

  5. タイポスとの出会い

    タイポスとの出会い

    衝撃的だったタイポスの登場人生に衝撃的な出会いと言うものが、どの程度あるのだろうか。16、7歳ころだったと記憶している。いつものように新聞を広げ…

  6. 勢蓮のはなし

    勢蓮のはなし

    不可思議な華、蓮華私は蓮の華が好きだ。敢えて“華”と書きたい。“花”という表現ではどうも物足りないのである。蓮は、沼や池などに繁茂する華である。…

  7. フォント作家の嘆き

    フォント作家の嘆き

    文字は空気かよ!「KAZさんはどんなお仕事をされているんですか」。よくされる質問です。実はこれが一番困ります。説明のしようがないのです。だか…

おすすめ記事

  1. 書体の表情 12:作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝
  2. 書体の表情 11:好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック
  3. 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明朝
  4. 書体の表情 9:macOSやiOSに標準搭載されている=ヒラギノ角ゴ
  5. 書体の表情 8:藤沢周平の小説を組むために作られたという=游明朝体

最近の記事

  1. 書体の表情 12 作者の文字への情熱がほとばしる=小塚明朝
  2. 書体の表情 11 好き嫌いがはっきり分かれる=小塚ゴシック
  3. 書体の表情 10 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明…
  4. 書体の表情 9 macOSやiOSに標準搭載されている=ヒラ…
  5. 書体の表情 8 藤沢周平の小説を組むために作られたという=游…

アーカイブ

  1. 文字で音楽を表現する?

    MOJI ESSAY

    文字で音楽を表現する?
  2. タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❺ 「ひく」ことは、すべてがマイナスではない
  3. 書体の表情 4:おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-E

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 4 おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-E
  4. 書体の表情 8:藤沢周平の小説を組むために作られたという=游明朝体

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 8 藤沢周平の小説を組むために作られたという=游明朝体
  5. フォント作家の嘆き

    MOJI ESSAY

    フォント作家の嘆き
PAGE TOP