過去の記事一覧

  1. タイポグラフィ7つのルール その❸ あける 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❸ 息苦しいデザインの回避法は「あける」こと

    ▼第1回(通算第9回)この章での「あける」は、主に「行間」と、文字で構成された「ブロック(要素)同士の間隔」の説明に費やしましょう。私は、後輩を…

  2. タイポグラフィ7つのルール その❷ 和文の美しさのカギは「つめる」こと

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❷ 和文の美しさのカギは「つめる」こと

    ▼第1回(通算第5回)この章では、主に和文の詰め処理について、お話しを進めていきます。グラフィックデザインをしていく上で、文字の入っていない…

  3. タイポグラフィ7つのルール その❶ 美しさの基本は「そろえる」にある

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❶ 美しさの基本は「そろえる」にある

    ▼第1回デザインの基本は「そろえる」ことにあります。出発点といって良いかも知れません。「そろえる」ことにはさまざまな要素があります。ここでは、まず「…

  4. デザインが100%うまくなるタイポグラフィ7つのルール:はじめに

    TYPOGRAPHY RULES

    デザインが100%うまくなるタイポグラフィ7つのルール Prologue

    はじめにタイポグラフィ文字表現のデザイン処理のことをいいます。情報伝達に適合した、スペース、書体、大きさ、字間、字数、行間、行数などの選定だけではな…

  5. フォントフォーマットを知るための4つの視点と4つのフォーマット

    FONT

    フォントフォーマットを知るための4つの視点と4つの代表的フォーマット

    はじめにデザインや、印刷に関わる仕事をしていて、避けて通れない概念に、フォントフォーマットがあります。でも、フォントフォーマットって何?と聞かれて、すら…

  6. 文字で音楽を表現する?

    MOJI ESSAY

    文字で音楽を表現する?

    あぁ、絶対音感がない…「和音」……きれいな響きのある音楽用語である。10代の半ば、私はクラシックの流麗で勇壮な和音に魅せられ、作曲家を志した。本…

  7. もうひとつのかな文字

    MOJI ESSAY

    もうひとつのかな文字

    歴史の舵取りをした漢字の伝来漢字が我が国に伝来したのは、紀元300年ころのことだという。ときは弥生時代、第15代応神天皇の在位中に百済(現在の朝…

  8. 浮世離れした文字!

    MOJI ESSAY

    浮世離れした文字!

    修行僧のような制作過程文字作りには大変な労力と忍耐が必要である。書体のコンセプトが決まると、後はひたすら一文字また一文字と作り上げる作業が延々と…

  9. 無いものねだり

    MOJI ESSAY

    無いものねだり

    活版が主流の時代に就職もう、半世紀も前のことである。(2017年現在)私は、家が貧しかったこともあり(本当は勉強が大嫌いだった)中学を卒業すると…

  10. タイポスとの出会い

    MOJI ESSAY

    タイポスとの出会い

    衝撃的だったタイポスの登場人生に衝撃的な出会いと言うものが、どの程度あるのだろうか。16、7歳ころだったと記憶している。いつものように新聞を広げ…

NEWS

2018.6.12記事を更新しました

書体の表情 10 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明朝
前回は「SCREENグラフィックソリューションズ」の「ヒラギノ角ゴ」を紹介しました。macOS標準搭載ということを差し引いても、人気の高い優れた書体。今回の「書体の表情」は、同じ「SCREENグラフィックソリューションズ」の「ヒラギノ明朝」を取り上げます。

2018.6.5記事を更新しました

書体の表情 9 macOSやiOSに標準搭載されている=ヒラギノ角ゴ
前回は、字游工房の「游明朝体」を紹介しました。緻密な書体が定評の字游工房。この「游明朝体」はその頂点といって良いでしょう。今回の「書体の表情」は #SCREENグラフィックソリューションズ の「ヒラギノ角ゴ」を取り上げます。

2018.5.29記事を更新しました

書体の表情 8 藤沢周平の小説を組むために作られたという=游明朝体
前回は、タイププロジェクトの代表的ゴシック書体「AXIS」を紹介しました。この書体は、同じ「現代的」書体の「ヒラギノ角ゴ」と双璧をなす優れた書体だと思っています。さて、今回の書体の性格は、字游工房の代表的明朝書体「游明朝体」を取り上げていきます。

2018.5.22記事を更新しました

書体の表情 7 普遍的なしっかりとした力を持っている=AXIS
前回は、モリサワの伝統的明朝体「A1明朝」を紹介しました。この書体、1970年代には前身の太明朝体A1は、ポスターなどに盛んに使われた人気書体でした。さて、今回の書体の性格は、タイププロジェクトの代表的書体「AXIS」を取り上げます。

2018.5.15記事を更新しました

書体の表情 6 ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明朝
前回は、字游工房の「游ゴシック体」を紹介しました。いまや、この書体も見ない日はなくなったように思います。本当に美しい書体です。今回は、これも美しい、名実ともに伝統的な書体、モリサワの「A1明朝」をクローズアップしていきます。

2018.5.11記事を更新しました

書体の表情 5 どのウェイトのどの文字種もほぼ完璧=游ゴシック体
前回は、フォントワークスの「筑紫B見出ミン-E」を紹介しました。いわずと知れた巨匠・藤田重信氏の作品です。今回は、もう一人の巨匠・鳥海 修氏擁する「字游工房」の書体、「游ゴシック体」をお送りします。

2018.5.1記事を更新しました

書体の表情 4 おおらかさの中に風格が漂う=筑紫B見出ミン-E
前回は、フォントワークスの「セザンヌ」を紹介しました。思いがけず多くのアクセスをいただきました。それだけ潜在的なファンが多い書体ということなんでしょうか。
今回は同じフォントワークスの鬼才・藤田重信氏デザインの明朝体「筑紫B見出ミン-E」を取り上げます。

おすすめ記事

  1. 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明朝
  2. 書体の表情 9:macOSやiOSに標準搭載されている=ヒラギノ角ゴ
  3. 書体の表情 8:藤沢周平の小説を組むために作られたという=游明朝体
  4. 書体の表情 7:普遍的なしっかりとした力を持っている=AXIS
  5. 書体の表情 6:ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明朝

最近の記事

  1. 書体の表情 10 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明…
  2. 書体の表情 9 macOSやiOSに標準搭載されている=ヒラ…
  3. 書体の表情 8 藤沢周平の小説を組むために作られたという=游…
  4. 書体の表情 7 普遍的なしっかりとした力を持っている=AXI…
  5. 書体の表情 6 ワンポイントに独特の雰囲気を醸し出す=A1明…

アーカイブ

  1. 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明朝

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 10 現代的と伝統的の不思議なコラボ=ヒラギノ明朝
  2. もうひとつのかな文字

    MOJI ESSAY

    もうひとつのかな文字
  3. 書体の表情 7:普遍的なしっかりとした力を持っている=AXIS

    TYPOGRAPHY SERIES 2

    書体の表情 7 普遍的なしっかりとした力を持っている=AXIS
  4. タイポグラフィ7つのルール その❻-3 文字組みを見やすくする[行頭・行末・分離禁則]、しかし…

    TYPOGRAPHY RULES

    タイポグラフィ7つのルール その❻-3 文字組みを見やすくする[行頭・行末・分離…
  5. 勢蓮のはなし

    MOJI ESSAY

    勢蓮のはなし
PAGE TOP